カテゴリー: 海外ドラマ (Page 1 of 4)

ディズニー+ 日本にも来る!

やっと発表キタ!

Image: Disney+

ついに発表!

スター・ウォーズの新作ドラマ『マンダロリアン』やアニメ『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』のファイナル・シーズンで話題を呼び続けるディズニーの動画配信サービス「Disney+」。その日本でのサービス開始が2020年後半になることが、アメリカのThe Walt Disney Companyのプレスリリース内で明らかとなりました。

情報:動画配信サービス「ディズニー+」が日本でも2020年後半にサービス開始へ! | ギズモード・ジャパン

今、ディズニーデラックス入っているけど、どうなるのかな。

何にせよ楽しみ!

次期 Chromecast Ultra 単独で動くならいいかも

リモコンで単独利用可能なら欲しい!

GoogleのChromecastは、モデルを重ねる毎に性能が上がり、安定してスマートフォンやPCとの連携が可能になってきましたが、別途キャストするためのデバイスが必要なことに代わりはありませんでした。しかし、次期Chromecast Ultraは、Android TVを搭載し、単独での利用が可能になるかもしれません。

情報:次期Chromecast UltraはAndroid TVベースになるとの噂 – Engadget 日本版

最近、寝室のテレビが、テレビじゃなくモニターの役割しかしてない(笑)

見るのは、Fire TV で NETFLIX か HULU か Disney DELUXE ばっかり・・・。

Fire TV が古いので、そろそろ買い替えかな。

マンダロリアン 撮影の舞台裏

最近見たスターウォーズの中で一番おもしろかった!

Image: ILMVFX/YouTube

平たくいうと背景シミュレーター?

Disney+でストリーミングされている、『スター・ウォーズ』のスピンオフ作品『マンダロリアン』。現在はシーズン1全8話が配信されていますが、撮影時のセットが何と、グリーンバックではなくゲーム制作によく用いられる、Epic GamesのUnreal Engineで作った画像を円筒形の巨大LEDに映しているのだそうです。

情報:ゲーム画面の前で撮影!? ドラマ『マンダロリアン』撮影の革命的な舞台裏 | ギズモード・ジャパン

背景、ゲームエンジン Unreal Engine で出来てたのか!

しかも、投影してカメラの位置で視点も変わるとか・・・すごいな!

Unreal Engine がどんどん映像の業界に入ってくる。

ウエストワールド サード・シーズン

これまた楽しみなニュース!

J・J・エイブラムス監督が製作総指揮を務める人気海外ドラマシリーズ「ウエストワールド」の最新シリーズとなるサード・シーズンの最新予告編が公開されました。これまで公開されてきた新シリーズの予告編よりもさらに物語の展開がうかがい知れるものとなっており、ゲスト(人間)とホスト(アンドロイド)の争いはさらに激化していくようです。

情報:J・J・エイブラムス製作総指揮の自我を持つアンドロイドの反乱を描くSFスリラー「ウエストワールド」サード・シーズンの最新予告編が公開 – GIGAZINE

シーズン2の途中でやめてしまったので、もう一回初めから観るとしよう。

何度も言うけど、海外ドラマのクオリティが凄すぎる。

HBO の ウォーキング・デッド、ゲーム・オブ・スローンズ、ウエストワールドはオススメ。

幻の「スター・ウォーズ:アンダーワールド」

スターウォーズのコンテンツはどんどん出してほしいな~。

残念ながら、このドラマシリーズは凍結らしい;;

2012年のディズニーによるルーカスフィルム買収より前にジョージ・ルーカスが進めていた、「スター・ウォーズ」のドラマシリーズ「Star Wars: Underworld(スター・ウォーズ:アンダーワールド)」のテスト映像&メイキング映像がYouTubeに登場しました。

情報:ジョージ・ルーカスの企画した幻のドラマ版「スター・ウォーズ:アンダーワールド」のテスト&メイキング映像がYouTubeに登場 – GIGAZINE

メイキングよく見るとグリーンバックの撮影、リアルタイムでCG合成されてる。撮影楽しそうだな~。

スターウォーズシリーズ、ジャンジャン出してくれないか(笑)

「スタートレック:ピカード」ライカーやデータも登場するらしい!

これも見なければ!!

2020年1月24日より米CBS Allaccessで、日本では24日からAmazonプライム・ビデオの配信が開始される予定のSFドラマ『スタートレック:ピカード』の、第2シーズン製作が正式にアナウンスされました。第2シーズン製作は12月の時点で決定したと報じられており、今回のアナウンスはそれを確定するものす。第2シーズンについてはまだ、あらすじなどを含めほとんど情報がありませんが、少なくともパトリック・スチュワートが続投することは間違いないはずです。

情報:『スタートレック:ピカード』シーズン2製作を正式に告知。第1シーズンは1月24日配信開始 – Engadget 日本版

日本でも1月24日から配信されるらしい。

また海外ドラマが熱くなって来た!

マンダロリアン

マンダロリアン観たさに Disney DELUXE 結局加入してしまった(笑)

帝国が崩壊した後の物語。 銀河には中央政府が存在せず、始まったばかりの新共和国の法も銀河の辺境の開拓星には届かない。人々は自分の身は自分で守るしかなく、無法者たちは誰からも干渉されずに独自のルールで生きていた。そんな時代にバウンティハンター(賞金稼ぎ)として生き、苦闘する一匹狼の凄腕ガンファイター、マンダロリアンの姿を描く。

情報:「 マンダロリアン 」 公式 サイト|ディズニーデラックス公式

マンダロリアン 3話まで見たけど面白かった。

スターウォーズ4・5・6が好きな人向け。

これだけでも Disney DELUXE 会員になって満足。

興行収入トップ10のうち8つディズニー関連作品

そういえば、ここ数年映画館で見た映画の半分以上はディズニー関連だったな~。

2019年は「アベンジャーズ/エンドゲーム」が興行収入の世界記録を更新し、12月にはシリーズ9作目となる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が公開され、公開から3日間で興行収入15億7000万円・動員数101万人という「2019年に日本の劇場で公開された映画」としてはトップの成績をたたき出しました。これらの作品が示すように、「2019年はディズニー関連作品の年だった」と海外メディアのThe Vergeが記しています。

情報:アメリカの映画興行収入ランク トップ10のうち8作品はディズニー関連 – ライブドアニュース

作品のほとんどか全部?家族や子供と見に行けるのがいいね。

最近、スター・ウォーズの実写ドラマ「マンダロリアン」見たくて、ディズニーデラックスに加入しようか検討中・・・。

Disney+ が来年4月くらいに来そうなので我慢するか・・・。

ディズニー+ 好調!早く日本でもお願いします!

Dlife の終了とともに「ディズニー+」来そうな予感。

©AP/AFLO

11月12日に北米でサービスが開始された、ウォルト・ディズニー社が手掛ける新しい動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の加入者が早くも1000万人を突破した。ブルームバーグによれば、「ディズニー+」の登場によりネットフリックスの株価は一時3.7%下落し、ネットフリックスが牽引してきた動画配信サービス業界に大きな影響を与えている。ユーザーの「ディズニー+」視聴時間は計130万時間と、アマゾン・ドット・コムが提供する「プライムビデオ」をさっそく上回る好調ぶりだという。

情報:動画配信サービス「ディズニー+」強いコンテンツ力で1000万人を突破 – ライブドアニュース

動画配信サービス充実してきたな~。

時代はどんどん変わっていく。

ベビーヨーダ

すでに目ヂカラがジェダイ。

サービス開始初日から登録者数1000万人を突破したディズニーのストリーミングサービスである「Disney+」では、過去のディズニー作品やマーベル作品、ザ・シンプソンズの過去30シーズン分エピソードなどが視聴できるだけでなく、スター・ウォーズのスピンオフである「The Mandalorian(ザ・マンダロリアン)」といったオリジナル作品も配信されています。このザ・マンダロリアンに「ベビーヨーダ」が登場するとインターネット上で話題となっています。

Stanning Baby Yoda, star of ‘The Mandalorian,’ is a singular mood
https://mashable.com/article/mandalorian-star-wars-baby-yoda-fans/

情報:「ベビーヨーダ」がDisney+オリジナルの「ザ・マンダロリアン」に登場したところネット上で爆発的な人気を集める – GIGAZINE

マスター・ヨーダではないっぽいけど、同じ種族か。

これは爆発する(笑)

Disney+ 日本でも早くー!

« Older posts
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。