カテゴリー: 映画 (1ページ目 (11ページ中))

トップガン マーヴェリック やっと観ました

とにかくドックファイトがかっこいい。

トップガンの続編として満足しました。

画像:映画『トップガン マーヴェリック』公式サイト

ジェケットにしっかり日本の国旗が付いてて安心しました(笑)

そして、アメリカは一体どこと戦っているのか・・・敵戦闘の変なマークがファンタジックに見えて残念でした。

映画館で観ればよかった作品でしたね~。

そしてまたバイクに乗りたくなる(笑)

おすすめ度:★★★★★

続編が観たい1980年代洋画

いいねいいね。この年代の洋画は思い出たっぷり。

2015年10月21日の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』記念日には、ニューヨークで上映会が開催され、主演のマイケル・J・フォックス(左から2人め)らも姿を見せた(写真・ロイター/アフロ)

情報:「トップガン」の最新作が大ヒット 続編が観たい1980年代洋画ベスト10 – ライブドアニュース

とは言え、ちょっと思い出のままが良いかもって作品もある。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は3部作で綺麗に終わっているからな~。

「ビバリーヒルズ・コップ」はいけそうだね。

「グレムリン」はCG化やめて(笑)

007/ノータイムトゥダイ

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンド最後の作品。

画像:Amazon

映画館で観たかったんだけど観れなくて残念がっていたところ、こんなに早く Amazonプライムビデオ で配信してくれて嬉しい限り。

007シリーズはダニエル・クレイグ主演の作品が一番好きだけど、今回はちょっと違う印象でした。

なんというか、ストーリーとか演出にキレがないというか・・・。

とは言え、ダニエル・クレイグのアクションシーンはやっぱりかっこいい。もう観れないと思うと残念だな~。

おすすめ度:★★★★☆(※3.5かな~)

Mr.ノーバディ

何も考えず楽しめるアクション映画。こういう映画はたまに観たほうがいいね(笑)

ハッチは、郊外にある自宅と職場の金型工場を路線バスで往復する、ルーティンで退屈な毎日を送っている。妻には距離を置かれ、息子からもリスペクトされず、この世の理不尽なことすべてを全身で受け止め、歯向かうことなど決してない、地味で目立った特徴のない男だ。ある日、バスに乗り込んできたチンピラたちに、ハッチは遂にブチ切れて大乱闘、相手をことごとくぶちのめす。やがてこの事件はロシアンマフィアの逆鱗に触れ、ド派手な銃撃戦、カーチェイスへと一気にエスカレートしていく。一体この男は「何者」なのか?

情報:Amazon

やられっぷりがダイ・ハードを思い出すスカッとする映画でした。

クリストファー・ロイドがかっこいいんだ、これが。

年季が入ったオッサン、ジイサンがカッコいいと思う年頃になってしまった(笑)

おすすめ度 ★★★★☆

Amazon Prime Video Mr.ノーバディ (吹替版)

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 4月8日公開

え、ファンタスティック・ビースト新作、明日からだったのね。

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」の魔法ワールドシリーズ最新作となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』がいよいよ4月8日(金)に公開となります。

シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、そしてなんとマグル(非魔法族)と寄せ集めのデコボコチームを結成。魔法界と人間界の支配を企む史上最悪の黒い魔法使い、グリンデルバルドに5つの魔法のトランクに隠された“秘密の作戦”で立ち向かう……という本作。

情報:「魔法や魔法動物のわくわく感と、痺れる緊張感の両立」『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』レビュアー:テラシマユウカ(GANG PARADE) – ライブドアニュース

ハリー・ポッターはそんなにハマらなかったんだけど、ファンタスティック・ビーストは面白い。

観に行きたいな~。時間できたら観に行ってこよう。

ファンタスティック・ビーストとは関係ないけど、映画館でポップコーンを食べたい(笑)

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームもうデジタル配信!

3月23日にもう配信されるのか。これは買ってもいいな。

日本限定プレミアム・スチールブック・エディション

トム・ホランド主演の「スパイダーマン」シリーズ第3弾、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が早くもデジタル配信される。

情報:『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』早くも3月23日デジタル配信決定!

早いな〜。昔はレンタルに出るまで1年くらいかかってたような・・もうちょっと早かったかな・・。

Blu-ray版も欲しいけど、多分見ないからデジタル版購入しようかな。

ゆっくり観れるのが楽しみだ。

「1917 命をかけた伝令」リアリティと緊張感がすごい

NETFLIX で 「1917 命をかけた伝令」を観ました。

画像:NETFLIX

敵地を抜け最前線で戦う味方部隊に伝令を伝えるというストーリーで、全編ワンカットで構成されたような映画。

ワンカット風な演出だから、何時なにが起こるかわからない緊張感が最後まで続く。

自分がその場にいるようなリアリティを感じられる凄い映画でした。

おすすめ度:★★★★★

ロード・オブ・ザ・リングのドラマ版「The Rings of Power」

Amazonプライム・ビデオで制作が進んでるドラマ版ロード・オブ・ザ・リングのタイトルが「The Rings of Power」に決定!日本版は「力の指輪」。

J・R・R・トールキンの長編小説「指輪物語」を原作として、映画「ロード・オブ・ザ・リング」とは別にAmazonプライムビデオで制作が進められているドラマシリーズについて、Amazonは「The Rings of Power」というタイトルに決まったことを発表しました。

情報:ドラマ版「指輪物語」のタイトルは「The Rings of Power」に決定とAmazonが発表 – GIGAZINE

いや~、楽しみ!楽しみ!

ロード・オブ・ザ・リングの映画公開って 2001年 だったんですね~。

21年前・・・そんなに昔だったか(笑)

ホビット含め、最初から見直そうかな。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム 最高でした

過去見た映画でも上位に入る映画でした!

スパイダーマンシリーズ最後にして最高の作品。

こんな作品には、これからしばらくは出会えないかもしれないな~。

スパイダーマンの魅力が詰まった映画でスパイダーマンを好きでよかったと思える映画でした。

ただ残念だったのは、パンフレットが売り切れていたことでしょうか(泣)

時間があったらもう一度見に行こう。

NETFLIX映画「ドント・ルック・アップ」

巨大な彗星が地球に衝突するパニック映画なんだけど真面目なコメディーかも(笑)

今の世の中を見透かしたようなブラックジョークの効いた映画でした。

画像:NETFLIX

可笑しくも笑えない社会問題提議が刺さるなんとも言えない映画。

ラスト前に主人公の学者ジェニファー・ローレンス(レオナルド・ディカプリオ)が言う言葉が最高でした。

にしても豪華キャストで面白かったです。

おすすめ度:★★★★☆

« Older posts
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。